banner

簿記上の処理について

労働保険の簿記上の処理について


簿記は、仕訳という手法を使い、会社の経営状況と言うものを会計帳簿に記録を行ったり、それを集計もしくは計算して、結果を決算書として報告するための手法の事を意味しています。

会社の中では様々なお金の流れが有ります。

現金が流れる場合もあれば、物品が流れる場合もあります。
これらを仕訳し、会社の経営状況の把握をしていくために必要不活な技術と言えます。

また、単に帳簿記入だけではなく、企業の財政状況や経営状況を明確にするため、帳簿を集計し、会社の決算書を作成することを目的としているのが特徴です。

この仕訳にはそれぞれ目的に応じた記載方法をしていく必要が有ります。

労働保険料と言うのは、一般的には労災保険料と呼ばれる仕訳が必要になるものです。
会社の中では保険料として負担をするものに大きく分けえて社会保険料と労働保険料という2つの会社負担を必要とする保険料が有ります。

また、労災保険以外の、健康保険料、厚生年金保険、雇用保険などは社員も負担を行う部分ですので、その処理は煩雑になると言えます。

そもそも労働保険のうち労災保険料というのは、その事業所により保険料率が異なりますので、計算を行う場合は事業所が適用されている料率で計算を行う必要が有ります。

また、健康保険料や厚生年金保険料と言うのは、被保険者でもある従業員と会社が一定割合分を負担する形になり、雇用保険料は会社と従業員が折半と言う形になります。

従業員が負担する雇用保険料などは給料から天引きされる形になりますので、雇用保険料は、預り金勘定もしくは、社会保険料預り金勘定などで処理を行う事になります。

因みに、社会保険料以外にも預かり勘定で処理を行うものがあり、源泉所得税預り金、住民税預り金などがこれに該当します。
会社が負担をする部分については、法定福利費勘定で処理をすることになるのです。

所で、会社が負担をする保険料の種類と言うのは実に多くあるものです。
社員が多い会社になることで、処理も煩雑になるわけですが、社会保険料と言うのは広義の意味の保険料であり、これの中には狭義の社会保険料と労働保険料が有ります。

更に、狭義の社会保険料の中には健康保料、厚生年金保険料、介護保険料、児童手当拠出金などがあり、労働保険料には雇用保険料や労働者災害補償保険料などがあるわけです。

尚、これらの保険料のうち、労働保険料は人を雇用している会社は必ず加入をして、保険料を納付をすることが義務付けられているのが特徴なのです。

Copyright(c) 2017 労働保険について学び、加入の手続き、業種変更の場合の手続きについて知っておきましょう All Rights Reserved.